.【ComicFesta】君の夏休みを俺にちょうだい?|無料立読みサイト

.【ComicFesta】君の夏休みを俺にちょうだい?|無料立読みサイト

 

 

 

 

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   

 

[ComicFesta]君の夏休みを俺にちょうだい?.ver1.1.1

 

 

■タイトル■ 君の夏休みを俺にちょうだい?

 

■著  者■ 弓槻みあ/秦

 

■配  信■ ComicFesta

 

■レーベル■ COMICマカロン

 

■ジャンル■ ティーンズラブ(TL)

 

■サンプル■ 無料立ち読み入口はこちら

 

■料  金■ 月額324円?(1話50Pt)

 

 

 

 

【ComicFesta】君の夏休みを俺にちょうだい?のあらすじ

 

 

 

 

 

君の夏休みを俺にちょうだい?のあらすじ

 

卒業式を終え殆どの生徒が明日からの夏休みに胸を弾ませる放課後。

 

私は美術室で顧問の高崎悠介先生と共にコンクール用の絵画の制作に取り掛かっていた。

 

 

かっこよくて優しい先生と2人きり。

 

ただ指導してもらっているだけなのに、先生との密着に思わずドキドキ・・・

 

 

先生が資料を取りに行ったタイミングで、クラスメイトの澤田君が美術室にやってきて、

 

 

「あのさ、俺・・・花村が好きだ」

 

 

突然の告白に驚いた私は、すぐに返事を返す事ができませんでした。

 

 

そして、澤田君は気長に待つと告げその場を立ち去りました。

 

 

その後高崎先生が戻ってきたけど、何だか様子がおかしくて

 

 

(もしかして、見られちゃった・・・?)

 

 

すると先生はいきなりネクタイで私の目をふさいできました。

 

(え・・・?)

 

「な、何?・・・先生?これ・・・」

 

 

「ダメだよ。他の男のものになるなんて許さない」

 

 

「君の夏休みを俺にちょうだい?」

 

 

耳を掠めるいやらしい吐息と、いつもよりも低いで話す先生の声が背筋をゾクゾクさせた。

 

豹変してしまった先生に無理やり服を脱がせられて、おっぱいを弄られ乳首を吸われ・・・

 

 

感じてしまった私は思わず声をあげてしまい・・・

 

「感じてるんだね・・・可愛いよ」

 

 

私はただ先生の手に翻弄され、自分のものとは思えない声をあげてしまう。

 

 

「本当は分かってるんでしょ?俺がしたい事」

 

 

「ごめんね。君を俺だけのものにする」

 

 

 

 

 

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   
[ComicFesta]君の夏休みを俺にちょうだい?.ver1.1.1

 

[ComicFesta]君の夏休みを俺にちょうだい?.ver1.1.1

 

[ComicFesta]君の夏休みを俺にちょうだい?.ver1.1.1